遺品整理を代行

沢山のダンボール

サービスを利用するためにかかる費用について

遺品整理業者のサービスを利用する際にかかる費用は、整理してもらう遺品の量で決まるのが基本です。片付ける荷物の量が多ければそれだけ多くの人手が必要になりますので、料金の方も自ずと高くなります。ただし、遺品の総重量や体積を実際に計ってみることはできませんので、部屋の広さを基準にして基本料金を決めている業者が大半です。ただし、その基本料金に含まれているのは、ごく一般的な量の遺品を整理したり処分したりする費用です。床から天井までぎっしりと荷物が積み上げられていたり、俗に言うゴミ屋敷状態になっている部屋の遺品整理をする場合には、追加料金が取られるようになっています。また、室内の特殊清掃業務が必要な場合も、別途その料金が発生することになります。

良い遺品整理業者が増えてきました

一昔前までは、不用品回収業者や便利屋が客からの依頼に応じて遺品整理を行うケースが多かったのですが、トラブルが発生してしまうケースが少なくありませんでした。当時の業者には、遺品が持つ特殊性を考慮したサービスの提供を期待することなどできませんでしたので、遺品を乱雑に取り扱われて悲しい思いをしてしまう利用者がたくさんいました。また、一部の悪質な業者が依頼者の元から回収していった遺品を山中に不法投棄する事件が相次いだため、遺品整理業者に対するイメージがとても悪くなってしまった時期がありました。